臼杵六ヶ迫鉱泉保存会(臼杵・地域づくりグループ)

    臼杵六ヶ迫鉱泉保存会は六ヶ迫の住民で構成されています。

          (療養中の世帯を除き全戸参加しています)

 

 『みんなでつくろう!六ヶ迫鉱泉』をスローガンに“応援団募集”

    臼杵六ヶ迫鉱泉保存会専用:担当 斉藤 ☎0972-63-8210

   

  応援団とは目的に共感して事業を応援して頂ける人。

     おもしろい発想・アイデア・提案をお待ちしています。

      個人でも参加しませんかー得意分野の能力発揮

       個人・地域・学校・NPO・団体・企業・行政と連携模索

   

   《目的》六ヶ迫鉱泉の

       ①発展と保存を図る

       ②歴史・文化を正しく伝承

       ③課題の解決

       ④地域づくり・地域力の再生

       ⑤愛される六ヶ迫鉱泉になるために

   事業》六ヶ迫鉱泉の

       ①『源泉 薬師堂』の維持管理

       ②「飲泉許可」の継続維持で温泉分析実施

       ③成り立ちから現在までの歴史検証

       ④鉱泉・温泉達人の養成

       ⑤情報発信

       ⑥その他新規事業

六ヶ迫鉱泉の定義

六ヶ迫鉱泉とは江戸中期、寛延三(1750)年に臼杵藩主が病に臥していたとき藩主 泰通公への「献上湯」によって病気平癒した。               

 これをもって六ヶ迫鉱泉のはじまり「開湯」としている。また、同年主の命で 建立されたのが『源泉 薬師堂』である。

 その堂内で源泉直下より自然湧出している泉(いずみ)を

                 『六ヶ迫鉱泉(ろくがさここうせん)』という